読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜日記

ディズニーのBGSの考察や新施設の予想をしていくブログ

ニューファンタジーランドコンセプトスケッチとCG映像から読み取れること

みなさんこんにちは、もくめです。

さて、約1ヶ月前にニューファンタジーランドの着工式が行われましたね。そこで大量のコンセプトスケッチや最終型の模型、そしてCGイメージが公開されました。そこで今回はそれらを読み取っていこうと思います。

※模型に関しては画像がございません。ご了承ください。なお、こちらのサイトに載っております。

travel.watch.impress.co.jp

では早速、まずはコンセプトスケッチからです。

初めは、美女と野獣エリアの全景です。

f:id:mokume_disneysea:20170503203042j:plain

(c)Disney

こちらは2016年に公開された画像の修正版となっていますね。主な修正としては、曇りから晴れになている、ベイマライド&ポップコーンレストランが追加されてる、ミニーのグリ施設がある、などです。

どうやらベイマックスは回転率を良くするために4つの円がつながっているものが2つになるようですね。このつながっている部分をライドは移動します。

また、エントランスにはベイマックスオーディオアニマトロニクスが置かれるようですね。Qラインはシンプルな物となるようです。

スタイルスタジオについては、だいぶ模型の物からデフォルメされておりますね。

次に、個別アートを見ていきましょう。

ベルズビレッジにあるベルの家です。

f:id:mokume_disneysea:20170502230834j:plain

(c)Disney

こちらは、アニメーション映画に出てきたベルの家を完全再現するようですね。

井戸とかもあり、かなり本格的になるようです。映画に出てきた家畜などがいる場所は道になるようですね。また、映画に出てきたのと同じように自然豊かな場所になるようで、裏にパレードルートがありますがよーく考えられて作られていますね。

ベルの家には入れる可能性が高そうですね。内装はウォークスルータイプになるか、それともフロリダのラプンツェルエリアのようにトイレになるか…可能性はいろいろありますね。

次に、お城が見える部分の全景です。

f:id:mokume_disneysea:20170503193841j:plain

(c)Disney

すごくいい雰囲気ですね。真ん中にルフゥとガストンの像が置かれて、その左側にガストンの酒場、右に3店舗のショップができる予定です。

右のショップはいい感じにベイマックスライドを隠してありますね。これらは映画に出てきた店などを再現しているようですね。ここで朝の風景のアトモスフィア(フラッシュモブ?)とかをやっても良さそうですね。

奥にあるお城が小さくて遠くにあるように見えてよくよく工夫されているな~って思いました。しかも実際にはその間にガジェットのゴーコースターがあるのですがその存在も綺麗になくなっているのがすごいように思いました。

アーチについてはまたのちほど。

大型レストランの内装です。

f:id:mokume_disneysea:20170503194735j:plain

(c)Disney

内装はガストンの酒場をかなり忠実に再現されていますね。食べ物はフロリダのようにアップルジュース(外見はビール)とポークリブなどを売る店になりそうですね。

どうやら少し特殊な構造をしているらしく、映画に登場したダーツや樽がかかっている壁の奥に2階へと登る階段があるように思われます。

右側に少し見えているのは食べ物の買うスペースだと思われます。メインの入り口とは別の場所になるのですね。そこである程度のQラインを確保するものだと思われます。

f:id:mokume_disneysea:20170211193059j:plain

(c)Disney

ディズニーファン7月号に掲載されたファンタジーランドの模型。ガストンの酒場の一番奥にある少しへこんだ部分に注文スペースができると思われます。

このスケッチでは描かれていませんが左側の部分には奥やテラス席につなげる通路がありそうですね。

暖炉の右側にはガストンが座っていた椅子などが再現され、記念撮影スポットとして有名になるのでは?と思います。

大型ショップです。

f:id:mokume_disneysea:20170503194722j:plain

(c)Disney

こちらは映画に登場した本屋などが3店舗続いているという構造になるそうです。ちょうどワールドバザールに似ていますね。

おそらく、グッズ売り場、菓子売り場、そして「ハウスオブグリーティング」の代わりになるようなCD、DVD、本などが売られると思います。この2店舗のおかげで閉園前などに異様に混んでいたワールドバザールの店舗の混雑が少しでも減ればいいな、と思います。

グッズはまだ確定したわけではないのですが、ルミエールやコグスワースがモデルとなった物がインパクトが有り、実際に販売してほしいですね。

また、売り物以外にもディズニーシーと同じような感じでフライパンややかんなど個ものに充実した映画をよく再現したエリアになりそうですね。

ライブエンターテイメントシアターです。

f:id:mokume_disneysea:20170503203624j:plain

(c)Disney

こちらは前回出てきたアートとは違いエントランスのアーチが無くなっていますね。これはなぜなのでしょうか…

また、シアターエントランスの建物の形状などが変わっておりますが背景に山があることや場所が隠れ家のようになっていることは変わりませんね。

内装です。

f:id:mokume_disneysea:20170503203903j:plain

(c)Disney

こちらは前回と違い、開演中の様子になっていますね。また、旗が追加されていたりしています。

前方にある絵画の部分は前回とは変わっていますが、これは天井の部分と同じくシーンによって模様が投影されたりする物だと思われます。

照明はブロードウェイ・ミュージックシアターと同じように置かれるようですね。

次はニューファンタジーランドから飛び出してポップコーンレストランの部分です。

f:id:mokume_disneysea:20170503204547j:plain

(c)Disney

右側にある円形の窓はベイマックスのヒロの研究所を再現したもので、そこに厨房を置くようですね。厨房が窓から見えるレストランはかなり珍しいと思います。

また、よーく見るとレストランのQラインからもこの厨房が見えるようですね。木々が植えられるなどかなり美しいエリアとなるようですね。ついでにトゥモローランドテラスもリニューアルされるかもしれません。

次に内装です。

f:id:mokume_disneysea:20170503205233j:plain

(c)Disney

こちらは青や水色を基調としたスティッチ・エンカウンターのような内装になっていますね。奥に見える白いのが厨房スペースが見える窓ですね。Qラインエリアはかなりシンプルで列自体も短いようですね。どうやら大量のバケットが売られるようで、カウンター数は3つとなるようです。

ポップコーンバケットは正式に発売されるかどうかは検討をしている時期でしょうが一応今までのパークでは売られていなかったファーストオーダーTIEファイターやベイマックスなどが売られたり、今までバラバラの場所で販売していたものが1つの場所で売られるなど利便性がかなり高まりそうですね。

照明は星がテーマになっているなど全体的にポップな感じですね。

次にCG映像を見て思っったことです。

f:id:mokume_disneysea:20170509222723p:plain

(c)Disney

まずはミニーのスタイルスタジオから。

ここはどうやら模型などとは違い白と青の2色のみになっています。これはおそらくまだ具体的な色が決まっていないので応急的なものでしょうね。

f:id:mokume_disneysea:20170509222709p:plain

(c)Disney

f:id:mokume_disneysea:20170509222808p:plain

(c)Disney

そしてその後トゥーンの新ゲートを通り過ぎ、ベルの家へと向かいます。上手く森っぽくなっていていい感じですね。

f:id:mokume_disneysea:20170509222823p:plain

(c)Disney

ベルズビレッジへ入ります。ここは広々とした広場になっていて、中央にはガストンとルフゥの銅像が立ってますね。

奥に小さくビーストキャッスルが映ってて、木々が見えるなどかなり雰囲気のいいエリアのようですね。

f:id:mokume_disneysea:20170509222840p:plain

(c)Disney

その後、小さなアーチを通ります。これはベルズビレッジから森にエリアが変化したということを示していますね。

左側の壁はガジェットのゴーコースターを隠すためでしょうね。

f:id:mokume_disneysea:20170509222920p:plain

(c)Disney

森エリアは(写真には映ってないですが)野獣の城が遠くに見えながらも、自然公園のような感じで東京から15分ほどにある場所ということを忘れられそうな神秘的で夢のある場所になりそうですね。

アメリカ河のような優雅な場所になればいいですね。

f:id:mokume_disneysea:20170509222950p:plain

(c)Disney

途中にはモーリスが強制的に乗らされた馬車がありますね。いまにも動き出しそうなリアルさで作り込みが期待できます。

そして、野獣の城に達しました。

f:id:mokume_disneysea:20170509223310p:plain

(c)Disney

おそらく門の部分はまだ壁質が決まっていないための仮だと思われます。

城の全景は模型とは違い、ピンクがかった色になっていますが、おそらくこれは色移りを配慮したもので本物は模型と同じように青みがかった白になっていると思われます。相当巨大で目立つ城になりそうで、シンデレラ城に次ぐ第2の城としてふさわしい優雅な感じに仕上がっていますね。

最後に模型なのですが、全体的な部分については前に書いたこちらの記事にありますのでそれを御覧ください。今回はこの模型から変わったことなどを書いていきます。

 

maihama-disney.hateblo.jp

 大きく変わったのは、やはりポップコーンレストランの外見ですね。ディズニーファンの時点ではバックヤード部分が直線でしたが、今回の正式版模型ではバックヤードが2つの円で構成されていて、なおかつセットの部分が曲線になっているようです。

また、この時『野獣の城ナックヤードがガジェットのゴーコースターから見えるのでは?』と書いたのですが、今回の模型ではしっかりと目隠しされるほどの量&少しの土盛があるためおそらく見えなくなると思われます。

それ以外の部分では、今回の模型はたくさんのメディアの方々によって様々な位置から撮られていましたね。

その中で僕が気になったのは、こちらの記事に載っていた裏からの写真です。

dpost.jp

ミニーのスタイルスタジオの外壁の一部に白と水色の部分があるように見えるのですが、そこはおそらくマンションをモデルにしているのでは?と思います。こういうセットの作り込みはさすがですね。

そして、ライブエンターテイメントシアターのバックヤード部分がディズニーシーのブロードウェイミュージックシアターよりも長くなっていることが気になりました。

ここにスペースマウンテン横にある社員食堂を移転させる可能性もありそうで将来の拡張に期待できそうですね。

さて、ここまで色々と書いてきました。今現在『トゥーンゲートが近々撤去されるかも?』などの噂も聞こえ始めています。いよいよ

本格的に動き初めた工事、これから出来ていく姿を追っていきたいですね。

f:id:mokume_disneysea:20170509225916j:plain

(c)Disney